返済を軽くする無利息期間

プロミスは金利が決して低くはなく、最大で年率17.8%での借り入れとなるために返済時の利息が大きくなりがちです。利息は借り手側としては余計な出費でしかなく、できることなら減らして軽くして借りたいと考えるものです。

 

しかし、早さの面で優れているプロミスにおいては、金利はどうしても高くなってしまいます。早くに最短即日で当日に借りながら金利も低く利息も安くといった贅沢な選び方はできないので、早さを取るのであれば金利は妥協するしかありません。

 

金利が高くなると利息負担も通常であれば大きくなるものですが、プロミスにおいては初回の契約、借り入れ時には一定期間の無利息融資が受けられるので、返済時の負担が軽くできます。メールアドレスとWeb明細の利用登録で借り入れの翌日から30日間が無利息となり、返済時の利息を軽減できるようになっています。

 

無利息となれば金利が低い銀行の借り入れよりもプロミスの返済負担のほうが軽くなるので、早くに借りながらも支払いを無理なく進めるといったことは可能です。ただ、当然ながら継続をしての返済負担の減少、利息負担の軽減とはならないので、あくまで初回の返済時に限りといった条件はつきます。

 

限定的とは言っても利息の負担なく借りられるのは金利が高くなる、実質年率などの利率が大きくなる消費者金融においても大変に優れた部分であるため、プロミスが人気となるのも納得といえるでしょう。

 

無利息期間の適用は難しい条件ではなく、登録においても費用がかかるわけでもないので利用をしない手はありません。ただ、無利息つきで借りるにあたっての不明点等がある場合には質問をしておくと良いので、気軽に聞ける京都市のプロミス店舗に足を運び、相談をしておくと良いでしょう。