借りるならプロミスから考えてみる

お金を借りるところをどこにするか考えるなら、まずはプロミスのカードローンキャッシングから見ておくと良いです。プロミスは審査時間が最短30分と早く、融資に関しても最短1時間ととにかくスピーディであるため、素早く借りたい方にも人気が高いです。

 

申し込みを行った当日に借りられることで評判も高く、最短即日融資も可能となっているのですぐにお金が必要、現金として用立てなければならないといった状況でも頼れます。

 

来店不要で銀行振り込みによる貸付にも対応をしているため、全国各地に設置のあるプロミスの店舗や自動契約機を使わずとも借り入れが行え、周りに見られずに契約まで完結ができるのもプロミスの一つの良さと言えます。

 

頼れるプロミス

 

プロミスを最初に考えるべき理由

消費者金融で借りるとしてもプロミス以外にも選択肢があり、大手で見てもアコムやアイフル、モビットといった貸金業者もあります。しかしその中でもプロミスが優れている理由は、やはり早さや手軽さにあると言えます。

 

消費者金融は今ではどこも最短即日融資に対応をしているため、申し込み当日の借り入れが利用できます。審査の結果によっては審査落ちとなり希望通りの融資が受けられない、限度額が小さくなるなどの場合もありますが、審査に通過ができれば早ければその日のうちの借り入れも可能です。

 

それでもプロミスはほかの消費者金融よりも一歩も二歩も前に行っていると言えます。指定の銀行口座への振り込み融資であるとしても、プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行宛なら24時間最短10秒の振り込みが可能です。

 

夜間でも土日でも振り込みで借りられるのは、アコムの楽天銀行宛の振り込みを除くと他の消費者金融にはない強みで、プロミスが早くに借りられるとされる人気、評判、評価の大きな一因となっています。

 

契約機の利用も便利

来店不要でパソコンやスマホで借りる振り込み融資だけでなく、プロミスは契約機を使う直接のカード受け取りも早いと評判です。ネットでプロミス公式サイトから事前に仮審査を済ませておき、その後にプロミスの契約コーナーを利用する手続きなら、平日も土曜や日曜も、場所によっては22時までの対応も可能です。

 

通常のプロミスの銀行振り込み融資は平日14時までのWeb契約を条件としているのに対し、契約機は22時まで対応が可能となると広い時間で、余裕をもってゆとりを持った契約が可能となります。その日にどうしても借りたい、今借りられないと意味がないといった場合には、契約機の利用を考えてみるべきです。

 

プロミスの契約機は日本全国の都道府県、多くの市区町村に設置があり、それぞれの営業時間は長いところで22時までとなります。中には21時で閉まってしまうところもあるので利用前には最新情報の確認が必要不可欠となりますが、営業情報を合わせて確認をするならプロミス熊本の契約機情報を参考にしながら、最寄の地元の地域の契約機情報を見ておくと良いです。

 

しっかりと事前に確認をしておかないと営業時間外となってしまっていて当日のカード受け取りができない、翌営業日の扱いとなってしまってその日のうちに借りられなかったといった事態を招きかねないので、焦って手続きを行うのではなく事前に確認ができるところは確認をしておくようにしましょう。

 

カードが使えるATMは幅広い

プロミスの契約機で受け取ったカードは、多くのATMで利用ができるようになっています。店舗や契約機に備え付けられている場合が多いプロミスATMのほかに、セブンイレブンやファミリーマート、サークルK、ローソンといった大手コンビニチェーン店に設置のコンビニATM、大手銀行や地方銀行などの金融機関のATMも、提携ATMとなっていればプロミスのカードが利用ができます。

 

審査の結果によって定められた限度額内なら再申し込み不要で何度でも繰り返し借りられるのがプロミスの良い部分でもあるため、多くの提携ATMでカードが使えるとなれば、契約後に急にお金が必要となってもすぐに借りられるために大変便利です。

 

返済時においても同様でATMでの入金が可能となっているので、毎月の約定返済金額を期日までに入金をする場合や、追加での積極的な返済を行う任意での繰上げ返済など、プロミスのカードは多くのATMで便利に利用ができます。

 

手数料負担には気をつけておきたい

コンビニや金融機関の提携ATMでカードを使う際には、かかる手数料には気をつけてください。プロミスでは1万円以下の利用で100円と消費税が、1万円超の利用で200円と消費税が手数料としてかかります。

 

繰り返し何度も利用をするとなるとATM手数料の負担が非常に大きくなってしまうので、なるべくなら手数料がかからない利用を考えておきたいものです。提携ATMでのカード利用は緊急時に限るようにし、普段はインターネットを使っての借り入れや返済とするなどすれば、手数料なくプロミスの利用が可能となります。

 

プロミスの返済は実質年率17.8%の金利からくる利息の負担が圧し掛かるため、どうしても重くなりがちです。低金利となる銀行や信用金庫の目的ローンなどと比べると返済が重い負担となってしまう場合があるので、さらに負担を増やす余計な手数料に関してはなるべく節約ができるようにしておくと良いでしょう。

 

女性でも利用がしやすいプロミス

プロミスは性別を問わず、男性だけでなく女性の方でも利用がしやすくなっています。本人が安定した収入を持たない専業主婦の方では貸金業法の総量規制の関係で、プロミスの利用条件の関係で借りられませんが、パートでも良いので安定した収入を持つ主婦の方なら、収入額に応じた限度額でプロミスで借りられる可能性があります。

 

アルバイトなどの女性の方にもプロミスは人気が高く、女性向けのサービスとなるレディースプロミスがあるため、初めてのカードローン利用、キャッシングの借り入れといった女性の方でも安心ができます。

 

女性向けのレディースキャッシングは女性のオペレーターが対応をしてくれるので質問や疑問点も聞きやすく、不安に感じる部分も多いキャッシングの利用においての安心感が大きくなります。周りには相談がしづらいお金の悩みも女性相手なら進めやすいので、自身で収入を持つ女性の方はプロミスでの借り入れに注目です。

 

返済計画に関してはしっかりと

審査に通り契約が完結すればプロミスでの借り入れが利用できるようになりますが、お金を借りるにあたってはしっかりとした返済の計画やスケジュールが必要不可欠です。毎月の約定返済金額がいくらになるのかを見るのは当然として、年間の利息負担や金額、最終的な支払い総額に関してもしっかりと確認をしておきたいものです。

 

無計画に借りるような使い方をしてしまうと、返済が遅れるなどしてトラブルのもとになります。数日間の返済の延滞や滞納であればそこまで大きな問題とはなりませんが、それでも遅延損害金としての通常の利率よりも高い日割りの年利換算の延滞金がかかってしまいます。

 

また、何ヶ月もの長期間に渡る遅れとなれば信用情報機関に事故情報が記録されるほか、自宅への電話連絡や催促、督促といった通知も届くようになってしまいます。本人の携帯電話宛の電話に出ない、払えないからと無視をし続けると勤務先である会社にも電話連絡が入る場合もあるので、何かと問題も大きくなりがちです。

 

プロミスで問題を起こしてしまうとサービスの提供元であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の審査全体に今後に悪影響が出るので、例えば一見すると無関係に思える銀行のカードローンや、その他の何らかの保証審査も同社が関わっていれば利用ができなくなる可能性があります。

 

返済に関してのトラブルは絶対に起こすべきではないので、もし借りるにあたって不安な点がある、収入と支出から考えていくらまでの返済なら余裕を持って可能なのか、それに対応する借り入れ金額はいくらとしておくのが良いのかを知りたい場合には、担当者に店舗で直接聞いてみるのが早く確実です。

 

プロミスの店舗となるサービスプラザはそこまで設置数は多くなく、一昔前に比べると大幅に数を減らしています。しかし、都市部となる北海道や東京都、埼玉県、神奈川県、大阪府、福岡県、そして沖縄県にも店舗は設置がされているので、例えば関東地方の方ならプロミスさいたま市の店舗に足を運べば相談が可能です。

 

地域によっては近くに店舗がなく、電話によるコールセンターへの相談となる場合もありますが、店舗が近い場所に設置があるといった方は、一度利用をしてみるのも良いでしょう。